絶好調?!

c0011696_16205714.jpg
亀太郎はやっぱり「紅亀」だった。はじめて「黒亀」いってみたけど、雑味ばかり気になって、俺にはあわなかったな。

山形からの帰りの飛行機は、めずらしく満席だった。
MD81の座席は23Aの非常口座席。来るときに羽田で指定しておいてもらった。
余談だが、最近JALダイナミックパッケージでは座席指定ができない。ブラウザーによるのかなと思ってsafariも試してみたが駄目だった。windowsはイケてるのかな。
非常口座席は最近、始動前にCAが来て「ここは非常口座席なので、万一の時には乗客の避難のお手伝いをしてもらいます(あんたが真っ先に逃げることはまかりならんよ)」と言いに来るのだが、隣のおじさんがあまりに真剣に聞いてるので、いつもより説明に熱が入っている。
「うん、わかった。ボクがんばるよ」と両手の拳を握りしめて、「うんうん、そん時はがんばる。がんばるよねっ、ねっ」とおじさんが隣の席の俺にも相づちを求める。
妙に熱いおじさんだが… 中畑清だった。
そういや「立ち上がれ日本」だかから全国区に立候補したんだった。
「今朝は雨の中、新潟から車で山形まで入ってさあ、ひとつこなしてきたんだよ。東京は雨降ってないといいけどなあ」
「次は仙台行って、札幌行って、九州を何ヶ所かまわって。選挙始まってから家に三回しか帰ってないんだよ。孫の顔が見たいなあ」
っていうか、全国区なのに三回も帰ってるのかよ、と思ったけれどもちろん顔には出さず、「そうですか大変ですね」と相づちを打つ。それよりも孫がいるんだ。
「引退して二十年だもの。まさかここで人生がらっと変えることするとは思わなかったなあ。でもワールドカップで大変さあ。みんな話題はそっちで。それでも街を歩くと反応はいいからうれしいよね」
テレビでキャスターやっていた時のあのしゃべりそのままで、色々話してくれます。
なので俺も多少はサービス精神ってやつがあるもんだから、「でも現役の時だって、三羽烏とか言われた二宮さんや平田さんの方が先にデビューして、中畑さんは一番最後だったじゃないですか、何年か経って。でも三人の中で抜きんでて一番になりましたよね」と言ってあげた。
「おお、詳しいねぇ。ボクの二軍の頃から知ってるってことね」と嬉しそうに言って、「いやあ長嶋茂雄さん知ってる?!、もうボクはあの人には本当に世話になった。あの人が居なければ今、ボクはここでこうしていないよ。選挙に出られるのだってあの人のおかげ。本当に辛抱強くチャンスくれたからね」と。
まあ、中畑(さん)はおろか二宮とかまで知ってるんだから、長島知らないわけないわな。
そんな旅の道連れで、楽しい一時間でした(笑)。
羽田が近づいて、「そういやこの飛行機はゲートかなあ、バスってことないよなあ」と言うので「うーーん、いつも最近はバスですけど、一昨日来るときはブリッジだったから大丈夫かもですけどね」となぐさめにならないことを言ったが、しかし、その数分後にCAのアナウンスで「35番ゲートに到着します」とのことだったので、「バスですね」と教えてあげた。
そうしたら「バスかよ−」とえらくがっかりしていた。いやあそこまでガッカリするようなことなのか(笑)。
握力がなくなってきたと言っていたが、降り際にしっかり握手。
うーーん、ちなみに政治家で大嫌いな三人のうちのひとりが、立ち上がれの応援団長なんだよね。袖スリ合うも他生の縁と言うわけだから、一票入れますと言いたかったけれど、ごめんなさい。でもがんばってくださいね。
by ohimachi | 2010-06-27 23:59 | 飛行機・鉄道

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31