<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

4月の取材〆

c0011696_10534242.jpg
久々の11mm撮り。三軒をMNさんと廻り、それぞれ店内の1カットずつを11−18の最広角で撮影。屋外ではものすごく歪みが目立つが、狭い室内では逆にこのレンズは手放せない。

上の写真、「めいめい(ミッフィーのことをMがこう呼ぶのですが)」の居るファインズさんという不動産屋さんでは、商店街全体像のお話しで結構話し込んで盛り上がり、肝心の取材の方は「後で原稿送ります」ということになったが、色々前向きなお話しをいただけたのでこれから楽しみですね(笑)。

さていよいよ大変なことになってきたのが、先日来新聞の一面を賑わす「豚インフルエンザ」。
どうも豚業界からクレームがついたらしく、明日からは「新型」とだけ呼ぶことになったようだが、見ましたか今日の成田空港到着機で、「感染の疑いのある乗客」発見のニュース。
あれではほとんど「犯罪の疑いのある乗客」扱い。
うーーん、確かに水際対策は大事なんだろうけど、あんな扱いでいいのかなあ。
本人は別に悪いことしたわけでもなんでもないわけだから。
by ohimachi | 2009-04-30 23:59 | 北浦和 | Comments(0)

昭和の日

c0011696_431827.jpg
以前は天皇誕生日という祝日で、その後みどりの日という名前になっていたと思ったが、いつの間にか昭和の日に変わって、みどりの日は5月4日に変更になったらしい。祝日と祝日の間(に一日だけある場合)はお休みとかいうルールで無理矢理ゴールデンなウイークにしていたのをちゃんと「国民の祝日」にしたというわけだ。で、そのときに何をどうしたかわかんないけど、今年の場合だと5月3日の憲法記念日が日曜と重なったのでこれを繰り越し繰り越ししていって、6日もお休みになるというルールになったのだそうだ。うーーん、正直ちょっと迷惑か(笑)。
元々、スケジュールを管理しているiCal(マックのカレンダーソフト)には「祝日」という概念がない。
なので自分自身もあまり気にしないから、よくまちがって予定を入れて「その日はお休みですよ」と後から「変更」を余儀なくされる。
どのみち働かねば収入なしのうえに、まあいってみれば「自由業」なので何もみなさんがお休みで大量移動が起こる日にわざわざ出かけていくこともない。JALにいたっては7万円と110万円、同じ飛行機に乗って、乗ってさえしまえば同じサービスを受けるのに、何も高い時にどうかする必要もなし。
なのでなおさら、祝日だの「連休」だのということを意識せずに計画をたてる。
ところがYは普通に普通の会社だから、或る程度カレンダーの影響を受ける。休日出勤することはあれど休みは休みだ。Mにいたっては100%カレンダー通り。そんなわけでふたりが実家に帰ってしまい、ひとりで何か作るのも面倒。これまた黄金週間の影響を受けて休みも入ったりするかもの外食も面倒。というわけで、ちょいと贅沢な弁当になってみました。
奮発?!。
まあ外に食べに行けば、ラーメン一杯で済ませない限りは、しる幸とて3000円くらいは飲み食いしてしまうわけだからそれよりは安あがりと自分で自分を納得させて、豪華「ヒレ肉ステーキとかにクリームコロッケ御膳」。
宅配のお弁当としてはなかなか秀逸だったかも。お昼を抜いてしまったので早めに食べて赤ワインもいただいて、当然早く寝た。
せっかくの「独身」なのに、これでいいのか(爆)。
by ohimachi | 2009-04-29 23:59 | ごはん | Comments(0)

ブログ閉鎖って。。。

c0011696_6115880.jpg
障害発生、サービス終了へ
Doblogは03年11月にスタートしたブログサービスの老舗。NTTデータによると、累計会員数約10万人、継続的に日記を更新しているアクティブユーザは2000~3000人だという。
そんなDoblogでシステム障害が発生したのは2月8日のこと。サーバでハードディスクの故障が起こり、閲覧・投稿ともに出来ない状態になってしまったのだが、その後、障害発生の前日分まで閲覧可能になり、4月24日、投稿機能を再開。同時にDoblogを5月30日で閉鎖することを発表、と状況は混乱した。
へっ?!
そうか、こういうこともあるんだ。
うちは大丈夫なんだろうな。ホームページ等のデータについてはサーバー以外にも複数のバックアップを事務所やら山形のパソコンなどに一定期間ごとにして持っているわけだが、ブログについてはその保存保管はブログサービスの方に預けっぱなしだ。まあこれは自分だけではなく、多くの人がそうだろうと思うが、突然障害が起こってそれにアクセスできなくなり、ようやく復旧したと思ったら閉鎖すると言われたら…。
確かにタダなわけだ。メガキャリアが他に目的があってタダで提供しているのだから、いつでもサービスは終了できるというのは、多分読むまでもなく利用規約には当然書いてあるだろう。
しかし、信頼して使うしかない以上は、そして利用させていただいているというばっかりではなくて、結局は何らかの形でユーザーを「利用している」側面はあると思うわけだから、例えば閉鎖するならするで、データをそっくりフォルダーごとくれるとか、そういうことくらいはないんだろうか。全部をくれさえすれば、たいした手間もなくどこかにアップロードすることは可能だけど、「引っ越せばいい」とは言っても例えばコレの場合だとすでに「日記」の数で1050件を越えている。画像容量はそれでも189MBとたいしたことはないので、データ量としてはCD一枚に十分収まるのだろうが、これをデータとしてではなく、テキストと画像として新たに別のブログサービスに全て移行するなどというと…、あ、もちろんやらないでしょうね。あまりにも面倒すぎる。
このあたりは、実際にDoblogだった人はどういう始末をつけるんだろうか…。exciteさんも頼みますよ。ていうかバックアップ…させてください。

して、閉鎖の理由ですが…。
「開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティーサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了するという判断をいたしました」
嘘でもいいから、もう少し自分勝手じゃない理由を発表できなかったもんでしょうか?!
by ohimachi | 2009-04-28 23:59 | ニュース・世の中 | Comments(2)
c0011696_595267.jpg
ハイアットホテルのゴールドパスポートは年に「5滞在」でステータスがひとつ上がって「プラチナ」というやつになるのだが、これは後からわかったことだけど、この朝食と夕べのルームサービスのお陰で、アワードで泊まったにも関わらず1滞在がクレジットされた。
しまった、だったらこの前のメルボルンでもなんかしておくんだった。夜食のひとつも頼めば滞在がひとつ付くんだったら…。
今年からプラチナになると滞在中のインターネット無料というのが加わったらしいし、大阪ではたしかスパ無料だったような(元々ネットは無料)。
ここやメルボルンのように元々泊まればスパ無料というところもあるから、それぞれですが…。
いずれにしてもこれであと一回だ(笑)。

この日も二度お風呂に行って12時チェックアウト。
さて、帰りだが強羅駅まではシャトルバスがあるよとのことではありましたが、敢えて近いというケーブルカーの駅まで歩いてみることに。
お散歩中に見つけた「空飛ぶ露天風呂」とかいう看板にちょっと興味を惹かれたが、まだまだ登らなければならなそうだったのでとりあえず断念。
やまぶき色や白い花を愛でつつ「どんなにかかっても10分もあれば」着くというところを20分以上かけて上強羅駅到着。
強羅からは登山電車で下山という予定だったが、自動券売機で後ろに人が並んでいるにも関わらず、そして電車は間もなく発車してしまいそうなのにも関わらず、我よ我よという傍若無人なおばちゃんたちにYが少々キレて(笑)、「バスにしよう、バスに」ということで、チラッと調べておいた強羅発ユネッサン行き(一時間に平均3本ほど)に乗って、ユネッサンで乗り継ぐことに。
これがまたお見事な乗り継ぎでユネッサンでは待ち時間10秒で乗り継げて、小田原まで40分ほどの昨日と逆ルートのバス旅。小田原市内を少々循環するのと、こちらでもおばちゃん4人軍団のでかい話し声に悩まされたのがアレだったが、YとMはそんなことも知らずに前の方でスヤスヤ。
コレはコレで、便利と改めて思った。

新幹線で小田原名物「たいめし」。あれ?!バージョンアップしてない?昔はこんな「鯛」は乗ってなかったような気がするけど…。
c0011696_612457.jpg
c0011696_613679.jpg
c0011696_5233147.jpg
c0011696_5234012.jpg

by ohimachi | 2009-04-27 23:59 | | Comments(0)
c0011696_6515136.jpg
例の「アメリカまで電話をすればタダで一泊泊めてあげるよ、4月末までね」というオファーに、お言葉に甘えて行ってきた。
ハイアットブランドでも「ホテルじゃない」のでgold passportとは関係なしよ、というのには博多で泊まったことがあるものの、この「resort & spa」とついたブランドは初めて。昔、ホアヒンというリゾート地のハイアットリージェンシーに5日間滞在とかしたことがあるが、ブランドにresortの文字はなかった。
ひと言で印象を言うと「子供フレンドリー」。100室以下なのにパークハイアットにせずにいるのはこのせいなのかわかりませぬが、どちらかというと硬質でかっこいいというイメージのHyattブランドとは敢えてわずかにずらしているんだろなと思った。

女性の風呂は多々混んでいたらしいが、男性のほうは3回行って3回とも誰も居なかったため大変快適でした。
食事はココでするしかなかろう、という場所なのでルームサービスでいただいたが鯛も巻き寿司も美味しかった。これでネットが有料でなければ文句ないんだが、どうやら大阪だけが特別のようですね。ついでにプールがあれば、ユネッサンいらずだったが…(笑)
c0011696_7215699.jpg
c0011696_722714.jpg
c0011696_7221616.jpg

by ohimachi | 2009-04-26 23:59 | | Comments(0)

小涌園・貴賓館

c0011696_1411538.jpg
二十年くらい前に「濾過機」屋さんの仕事をさせていただいていた頃、よくこの小涌園の名が登場したもので、プールやらお風呂やらに入りながら、ああこの裏で「アレ」がまだたくさん活躍しているんだろうなあと思うと、なかなか感慨深かった。

貴賓館でお蕎麦をいただきましたが、こちらも風情もありなかなかでした。
蕎麦はまあ普通といえば普通でしたが、お豆腐サラダのお豆腐は美味しかった。ただまあ、お蕎麦屋さんの熱燗っていうのは、何故か甘すぎるんだなあ。
冷酒にすればいいのかもだけど、つい「ぬる燗」とか言ってしまう…。

小田原から乗ったバスで失態をひとつ。
大事な鞄をバスに忘れた。手に持っていたもののなかでは二番目に大事といえるか。カメラバッグがそれに準じて三番目だから普通置き忘れるなどありえないはずのに…(一番目は忘れることはまずないし忘れたら泣きわめくこと必至なので)。
いやあ、それにしても日本で良かったです。
伊豆箱根バスの元箱根営業所さま、お世話おかけしました。
ここを見てくれることは100%ないと思うので(笑)、別途改めてご挨拶申し上げますが、ともあれ感謝感謝であります^^

お世話になったから言うわけではありませんが、箱根に行くのに今回は小田急を使わず新幹線で小田原に出て、そこから「ユネッサン」までバス。バスは元箱根まで行くようですが、早くて便利で楽ちんでした。
c0011696_14201719.jpg
c0011696_14202699.jpg
c0011696_1424085.jpg

by ohimachi | 2009-04-26 13:00 | ごはん | Comments(0)

機内食

c0011696_7144928.jpg
c0011696_715189.jpg
c0011696_7151393.jpg
c0011696_7152539.jpg
先だっての往復の機内食です。アップグレードしてもらってあまり偉そうに言えることではないし、秋にはシェル化することになっているのだから仕方がないけど、シートは全然駄目だが、機内食は以前に比べてうんと美味しくなったんじゃないでしょうか。特にこっち発の「肉料理」はサービス全般をいつも大絶賛しているキャセイのそれよりも、全然美味しいと思う。去年のブリスベン線で食べて以来、肉を頼もうという気になる。
二食目の和食のお粥もあったかくて大変よろしいかと。
ま、もっともJALのビジネスクラス、糸山先生あたりが散々にこき下ろしていた頃には乗ったことなかったので、本当にひどい時は知らないんですけどね(笑)。
by ohimachi | 2009-04-25 00:00 | 飛行機・鉄道 | Comments(0)

泥酔事件

c0011696_7392391.jpg
あえてお酒の写真ではなく明るい写真にしてみました(笑)。
昨日公園で裸になって奇声をあげたということでタイホされてしまったSMAPの草彅君。うーーん、まあなんか溜まっていたんでしょうね。薬物反応が出ていないのにも関わらずの家宅捜査は、ちょっとせっかくだからやっておこうか的な野次馬根性でフライングしちゃったんじゃなかろうかと、つまりやりすぎだろうと思った人も多かったかと思いますが、それ以上にひどいのが鳩山総務大臣のあの大きいお顔をしかめて言ったお言葉。
「めちゃくちゃな怒りを感じる絶対に許さない」「最低の人間」
おーーい。
それを言うなら、ほらあんたんとこの自民党にも居ただろうよ。
酔っぱらって国際会議に出て記者会見で世界中に恥を晒したおじさん。
あっちの方がよほどひどくない?!
あれをつまり自分の仲間を棚に上げて、その言い草はないんじゃないのかなあ?!
謹慎してる?!次の選挙は謹慎してお休みしますと言ってる?!
いや確かにタイホされたわけじゃないけどさ。迷惑の度合いは天と地ほどの差でお仲間の方がひどくない?!

中川昭一と鳩山邦夫。次の選挙ではぜひ落ちてほしいふたりだけど、まあ地元の人が選ぶわけだからな。やっぱり親と同じ選挙区から出馬する「世襲禁止」という民主党に一票入れたいです、はい。
by ohimachi | 2009-04-24 23:59 | ニュース・世の中 | Comments(0)

絆創膏

c0011696_5501298.jpg
          (写真は報道機関使用のものです)

昨日伊丹でMD−81が羽をこすったらしい。幸いにして乗客乗員に怪我はなく、怪我をしたのは飛行機だけだったようだが、直後にはこんな写真がニュースで流れていた。
このブログでもずーっと前に「今日は飛行機どこのできたの?」「JALですよ」「あらーーーーっ」「…」「大丈夫?!JAL怖いわよね」という素人(?! =普段滅多に飛行機に乗らない)のおばちゃんとの会話を実況したことがあったように思うが、ようするに普段飛行機に乗らない人のイメージには、JALは危険でANAが安全というのが擦り込まれてしまっているのである。
というか、あの時期に擦り込まれたんですな。
「飛行機は落ちるから危ない」という根本的な擦り込みがあるケースでは、なるべくなら乗りたくない、乗るんならできれば危ないJALは避けたい。
数年前の報道イメージでこれが顕著になった気がする。
その頃にもやっぱり書いたと思うけど、果ては修学旅行生がイタズラで椅子の下の避難用着用着を持って行ってしまったのに気がつかなくて飛んでしまった(いや、イチイチ一回ごとに椅子の下を全席チェックしろって言う方が無理だと思うんだけど)という本当は被害者の一件まで、JALは安全意識にかけるというなかばエキセントリックな報道がなされ、ANAのほうは絶対にやってはならない決められた高度とは違う高度を気がつかないまま(計器が正しく表示されていない状態で)飛んでしまったという、地上ならば高速道路を逆走してしまったようなことやボンバルディアの胴体着陸までやっているのに、そちらの報道はわりとおだやかで、これは「広報」なのか「総務」なのかわからんけど、その能力のちがいなんじゃないのかとさえ思ったわけだけど、この写真があっさり出てきてしまう、これを晒してしまうところがやっぱり能力の違いなのかと思ってしまいますね。

ま、少なくともこれで乗客乗せて飛んだわけじゃないでしょう?!
どこかの整備に持って行くまでの応急処置なんだろうけど、それをわざわざ写真撮られるような場所でやったということなのかな(万一、今から乗るぞという飛行機を搭乗ブリッジから見たときにこうなっていたら俺だって引きますけど)。
でもこのニュース写真を見た人(「素人」のおばちゃん)はまた絶対思うよね。
やっぱりJALは危なそう、と。
なにしろついこの前貨物機(MD−11という三発機で日本の航空会社には貨物機も含めてもうありません)が成田で横風に煽られてバウンドして腹ばいにひっくり返って燃えてしまった映像を見せられたばかりですからね。あの映像が頭に焼き付いていてこの「絆創膏」じゃ、そう思われてもいたしかたない?!

ま、そうは言っても羽を一回擦って絆創膏した機材には、俺とて乗りたくはないですけどね。どんなに傷跡は完治しました、ほれ絆創膏も取れてるでしょと言われても。

機材はJA8260という機体ナンバーだね。不幸にも(?!)乗る確率の高い山形便に入って来るからね、MD−81。滅多にJEX運用は来ないのが不幸中の幸いってことか…。ともあれ覚えておこう。
by ohimachi | 2009-04-23 23:59 | 飛行機・鉄道 | Comments(0)

白色オウム

c0011696_642202.jpg
JALの機内販売で買ったサムソナイトのカンガルー親子バック。
その子バックの方をしょわされている、会社ではなくて我が家に居るほうのつまり縫いぐるみのほうのるーあちゃんです。
by ohimachi | 2009-04-22 23:59 | 白色オウムのるあちゃん | Comments(0)

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747