<   2006年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

気分は何故か土曜日

c0011696_955481.jpg5時には起きていたので、窓の外が東であることにもっと早く気がつけば、日の出っぽい写真が撮れたのかも。
予定が変わって、いきなり「お休み」。
しかも、搭乗予定は関西空港22:10だ。
起きてから8時頃まではシゴトしたりmixiに長resつけたりして遊んでいたが、一旦カーテン閉めて沈没。
遮光カーテン、いきなり夜(笑)。
2時間の「お昼寝」の後、12時までお風呂に入ったり本を読んだりシャワーを浴びたり(爆)。
12時過ぎに一旦チェックアウト。
行かな(行けな?!)かった朝食券を「このままランチタイムに御利用いただけますから」というフロントのちょっと小太りなれど、エレベーターホールを通り過ぎたら走って追っかけてきた人のいいお兄さんに案内されて、2階のレストランへ。
c0011696_9555483.jpg
c0011696_9573297.jpgc0011696_957383.jpg
c0011696_9574650.jpgいやいや、これが宿泊費のうちだと申し訳ないなぁと思うほど、なかなかのランチだった。
なんといっても、オードブルのバイキングがよろしい。
女の子受けしなくちゃってのがホテルレストランのコンセプトであるのはまぁ珍しくないだろうけど、見た目もきれいだし、味もよかった。
メインディッシュは日替りなんだそう。
今日はたまたまステーキ。
ま、ステーキは普通というか値段なり(お金を払うと2300円程度のコースらしい)だったけどな。
そしてデザート。
「デザートはいりません」って言おうかと思う間もなく運ばれてきた。
もちろん全部いただきました(笑)。
c0011696_1024674.jpg
c0011696_102548.jpg難波をブラブラした後、関西空港へ。
目指すは17:20到着予定のエミレーツ航空エアバス340-500。
写真の比率やら望遠の度合いの関係やらで逆転してますけど、上のJALよりもでかいです。
なんといっても340はフォルムが優美。
男性的なボーイングに対して女体??
…、というのは勝手な解釈すぎるか(笑)。

関西空港のJALラウンジがインターネット対応にようやくなっていました。
空港自体あちこたちで無線LAN使えるのに、これまでラウンジに入ると途端にダメ、という逆転現象だけはようやく回避したんですね。
by ohimachi | 2006-05-31 23:59 | 他の町 | Comments(0)

大阪

c0011696_9474080.jpg
c0011696_9474834.jpg
4時起き、5時半スタート、6時半の飛行機で大阪。
窓から建設中の静岡空港と思しきもの発見。

お昼はいつものように「寄ってこ屋寝屋川店」。
N社長は「いいんですか、いいんですか、いつものところで」と言うが、いやここのらーめんは何食べてもうまいです、マジで。
月に1度は行きたくなる。って月に1回しか来れんけど(笑)。
自分はもっともオーソドックスなしょうゆとんこつ。
N社長は明日で終了するという「春野菜のちゃん麺」。
何故か、辛そうなタバスコが運ばれてきていた。
スープ、麺、チャーシュー、半熟煮卵とどれをとっても合格点というのは実はかなり高水準ということです。
来月は塩かな?赤もいいな。
c0011696_949492.jpg
「ホテルユニバーサルポート」

内装がとてもお洒落。
部屋に案内してくれた子に聞いたら、まだオープンして半年ちょっととのこと。
部屋は禁煙ツインルームで、広々34平米ひとり占めとかいうプラン。
お風呂がでかい。
バストイレ別。
実はこの後も褒めたくなること満載だったのだが、それは明日に譲って、とりあえず荷物をおいて一服してから(タバコではない)、再び電車に乗って梅田へ。

c0011696_9495857.jpg道に少し迷い、例によってちゃりに乗ったMH君に電話で誘導を受けつつ、堂島の白鍋赤鍋のお店「暁」へ。
待望の赤鍋2人前とサラダ、そして鶏の柚子胡椒焼き。
辛うまーーっ、まぁひと言で言うとこんな感じか。
辛いです、かなり。
「ノーマルでいいですか」と最初にきかれたが、どうもノーマルからダウン方向にオーダーをとりあえず取っているようだ。
つまりデフォルトは「大辛」。
でも、イケました。
まあお酒がちょっと高いな。
量少なすぎ。
ほとんど氷じゃんてめーーって感じです。
料理の値段抑えてるから仕方ないんだろうな。
コースで飲み放題がオススメかも。
MH君がたいして飲まないので、まぁ似たようなモンだったけど、今回は。
c0011696_9501526.jpg
c0011696_9505251.jpg

by ohimachi | 2006-05-30 23:59 | 大阪・関西・北陸 | Comments(0)

次年子「七兵衛そぱ」

c0011696_434569.jpg
c0011696_4341248.jpg
今回お招き下さったO社長が、新庄というところまで行くというので、おしそれならお見送りがてら「アレ」に行きましょうよ、ということになって、急遽新庄経由大石田・次年子の「七兵衛そば」へ。
ここのところ来るたびにAさんが、大根が辛いウチに行きたいって言っていて、もう山奥過ぎて連れて行って貰う以外に手段のない私にとってこれはものすごくいい「提案」だった。
1050円食べ放題。
食べ放題はともかくとして(どんなに多くとも3杯が限度だから)、付け合わせで出てくるきくらげがまず超美味。しかも、ともかくデカい。
お蕎麦は太いが適度の柔らかさもあり、辛味大根汁に濃いめのつゆを足して食べると、大根の辛さと、つゆで何故かさらにそばの風味が引き立つ気がする。
いやぁシアワセ。
おかげさまで、堪能しすぎて飛行機ぎりぎり10分前でしたが(笑)。
webチェックインの有り難さが身に沁みました。

ネームカードからアクセス解析ができるようになり、検索エンジンの検索ワードとしてずっと今までのところトップにあるギャラクシーエアライン。
佐川急便の子会社ですが、今月はじめのハゲハゲの姿から、お仕事モードの正装へ衣替えが終了していました。
デッキから遠いスポットで、わかりにくいですけど、JAS塗装A300&ポケモンに挟まれております。
c0011696_4434390.jpg

by ohimachi | 2006-05-29 23:59 | 山形 | Comments(4)

蔵王温泉

c0011696_21555159.jpg
山形は霧です。Aさんの車で、山を登るにつれ霧が濃くなっていきます。
「送別会」で蔵王温泉へ。
何度か行っているけれど、泊まるのははじめて。
季節によって、成分が微妙に変わるのだなぁと感じた。
昔Bさんと玉川温泉に行ったときは、それはそれはすごい酸性の湯だと思ったものだが、蔵王温泉パカに出来ません。

「わかまつ旅館」。
夕食が美味しかった。
昔は蔵王はメシがまずい、と言われた時代もあったそうです。
でも最近はうんと改善されたとの情報はあり、楽しみにしていた。c0011696_21583446.jpgc0011696_2159092.jpg

c0011696_2293428.jpg
c0011696_2294587.jpg
一通り、手もかかっているし全て美味しかったけれど、ことにこの鶏の薬膳スープの味は絶品だった。最後の一滴まで飲もうとすると、レンゲではすくえない構造なのに泣いたが…。

米沢さんというところの牛肉も柔らかくジューシー。
焼酎は「古秘」。
ふ、古いヒミツかよーー、と思ったが、もちろん口には出さず。
いやぁ堪能させていただきました。
ありがとうございます。

和気藹々の宴会を終え、ちょぴり「ワルイことでもすっかーー」というムードもあったが、いやぁなーんにもない(笑)。
外に出てみたけど、やってるのはすし屋とカラオケ屋と居酒屋の計3軒。
途中にあった足湯に足を入れてみたら激熱だった。
まあもうすっかり眠かったし、20分ほどお散歩だけして旅館に戻りバタン。
静かだし5時間、ぐっすり寝ました。
by ohimachi | 2006-05-28 23:59 | 山形 | Comments(0)

タイトな一日

c0011696_20443532.jpg
さすがにスパッとは起きられないが、二日酔いというほどではないというレベル。
それでも4時半からるーあが襖を開けに来て、定期的に覗きに来ては爪でがりがりと音を立てるので、ぐっすりは眠れず。
9時にシゴトをはじめて、気がつくとあっという間に12時。
次の予定が15時からだったが、とりあえずSさん牛君と病院へ。
ようやく個室に移ってくれたが、日に日にやつれているなぁ(泣)。
ひとりで行ったら泣きそうですよ、ほんとに。
品川16時にずれこんだが、先に待ち合わせた方向音痴2番のC君と「お昼ご飯食べ損ねた」同士で軽くカレーで腹ごしらえ。
昨日、多聞天で最初のワインの間何もお腹に入らず、急激に酔ったことが身に沁みているよう(笑)。
連ちゃんのミニオフ。
Dさんに「ケーキがあるからワインをもう一本持ち込みで差し入れろ」とメールしたら、ケーキをもう一個買ってきおった(爆)。
よく読んでください(泣)。
方向音痴MAXのM君には目の前まで車で来させた。
今夜もワイン。少し控えめ。
by ohimachi | 2006-05-27 23:59 | 他の町 | Comments(0)

多聞天

c0011696_12411369.jpgc0011696_124035100.jpg
夜、いつものメンバー定例の飲み会。
ワイン当初の予定4本。
「充分すぎるよ。そんなに飲めないんじゃない」とJ君。
足りなくて2本追加しました。
誰だよ、そんなに飲んだの(爆)>J。

今回は6人で鯛2匹。
ヨユウ…かと思ったら、やっぱしあっと言う間。
おまかせかつメニュー用の写真撮影を兼ねていたためもあって、この後出てくるわ出てくるわ。

皆さん上機嫌にて、いつも通り1次会で解散。
c0011696_20453486.jpg
c0011696_20454130.jpg
(左上 鯛の中華風刺身 右上 海老蒸し餃子 下ふたつ カマンペールチーズを鍋でトロトロにして海老せんべいですくって食べるやつ)
by ohimachi | 2006-05-26 23:59 | 大井町・大森・蒲田 | Comments(0)

約束

c0011696_12454514.jpg


青い空にうっすら飛行機雲。
まっすぐ上に伸びる新芽の樹木。

ひとつの通過点だが、約束事をひとつ。

よかった・・・、嬉しいね。
さあ、次「本番」よろしくな。
by ohimachi | 2006-05-26 10:00 | その他 | Comments(0)

税制改正

c0011696_5503181.jpg
何故に毎年変えなければいけないのか。
一度決めたら、10年くらいは同じ仕組みでやらないと、かえって不公平じゃないのか。
「暦年」というか一年間というのはひとつの単位としては、人間の生活を司る大切な指標というか軸ですから、それはそれでわかるんだけれども、ひとりひとりの環境まして商売は変化していくもの。
毎年課税してもいいけど、特に所得税住民税は10年ひと単位で再通算して再課税(還付)とか。
まあ税制調査会というのはご老人たちのひとつの「権威」だそうですから、毎年変えることに意義を見いだしているんだろうけどね。
というわけで、特に法人税が18年改正はかなり変わりましたね。
この4月開始事業年度の特に個人会社(社長が居てオクサンが手伝っているみたいな)は、端的に言うと社長の給料の一部が法人の(税法上の)経費にならなくなりますので注意が必要とのこと。
消費税の見直しは当然のようにテーブルに上がっていますが、来年は見送りと今朝の日経新聞に書いていたね。
大体において、景気は確実に回復しているから、大企業の法人税納付が今年からどっさり増える筈。
NHKの受信料の完全義務化とか国民年金の取り立てとか、ようは税金と変わらないものも増えていくし、まぁ俺個人はイギリスのようにひと箱1000円とかで構わないけど、タバコも20〜30円値上げ。
庶民の暮らしは厳しくなる一方です…。

c0011696_604967.jpgc0011696_611123.jpg
晩飯、Y君のお家で。実家から送ってきたアイヌネギを卵とじに、昔六本木にあってよく通っていた「しる幸」というラーメン屋さんが飯田橋に越していたのをようやく発見して、そこのチャーシュー(でらうま)も昨日何かのついでで買ってきてくれたらしく、これにシーザーサラダと野菜の煮物。
ワインはオーストラリアのテーブルワイン「イエローテール」。
満足。
明日から月内は連チャンでずっと飲み会だから少し控えめ?!(笑)
by ohimachi | 2006-05-25 23:59 | ニュース・世の中 | Comments(0)

だし

c0011696_12294368.jpg
c0011696_12295116.jpg
山形の食卓ではごく普通にあると言われる「だし」という食べ物。別の場所で「調査」をしたら、意外に知っている人は居た。
一昨年に、このだしをお蕎麦にぶっかけにして食べる「だし蕎麦」を頂いて以来、結構ハマっている。
明治屋あたりにも最近は売っているそうだ。
ちなみにA氏からコメント。
同じ山形名物とはいえ、さくらんぼにかけてはいけません。
はい…。

さくらんぼと言えば、ぽこだ。
去年はアメリカンチェリーを見せると「サトウニシキ、サトウニシキ美味しい」と言っていた。
もちろん、ひとつ渡すたびに、「これはサトウニシキ。サトウニシキはオイシイね」と言いながら渡していたからだ。
今年、覚えているかはまだわからない。
ちなみに、痛風にいいというウワサもある。

昼「がんこラーメン目黒客分」にて鬼辛味噌ラーメン・中辛。
バターが入っているために不必要にまろやか。
もっととんがったのが食べたいのにな。
by ohimachi | 2006-05-24 23:59 | ごはん | Comments(0)

制空権

c0011696_122752100.jpgよく那覇空港を飛び立った時に「違和感」を感じていた。
飛行機はこの三年ですっかり乗り慣れたし、Bさん運転のちっさい車の助手席より100万倍安全と口では言うし、実際100万倍は大袈裟にしても1000倍くらいは安全なわけだが、それでも違和感はちょっとした恐怖感に繋がる。
今日、横田基地の空域返還というニュースを読んでいて、那覇のことに触れられている部分があり謎が解けた。
違和感はジャンボ機が上昇していかないことによるものだ。
普通は、離陸するとぐんぐん高度を上げるのだが、那覇からはちょっと浮いたらそのまましばらく一度低空をほぼ水平飛行で飛ぶ。
これは何かトラブルでもあってのことではないのか、というのが違和感=恐怖感なわけだが、どうやらあの辺りは高い高度は飛んではいけないらしい。
横田にせよ那覇にせよ制空権はアメリカが持っているんですねー。
戦争は終わっていないってこと??
と、思ったけどまあ米軍基地が日本にあって、とりあえず冷戦構造から今の北朝鮮からの防衛に至るまで、アメリカに守って貰っているんだもんな。
しかし、平和にはならないもんですかね、もう一回くらい大戦争しないとならないのかな。
考えてみたら、日本国内だってちょっと前までは陣取りで戦っていたけど、今は「都防軍」や「県防軍」とかで守らなくても、埼玉県が突然こっちに責めてきたりはしない。
他の星が責めて来るとかの大きな出来事がないと難しいのかな。
せめて次世代くらいには安心して、もっと地球環境とかにみんなで目を向けてあげてほしいなぁ、としみじみと感じる今日この頃です(謎)。

そういや先日、北九州でも似たような感覚があったけれど、あそこには米軍居ないよな。
福岡便が飛んでくるから危ないだけか…。
by ohimachi | 2006-05-23 23:59 | 飛行機・鉄道 | Comments(0)

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747