<   2006年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

大井町「寅そば」

c0011696_103199.jpg麺、スープともに私の大井町イチお気に入りが「寅そば」。
ノーマル寅そばも味噌寅もうまいっ。
卵の半熟具合もタイヘンよろしい。
写真は寅そば煮玉子乗せ600円です。

どうやらJALの社長交代が決まったみたいですね。
安全面では全日空だって高度違いで飛んだじゃないか、と意味なく擁護(笑)してきましたが、メジャー週刊誌に叩かれてる具合を見ると、やはり問題は多々あったようですから、仕方ないでしょうね。
by ohimachi | 2006-02-28 23:59 | 大井町・大森・蒲田 | Comments(0)

久しぶりの「八幸」

c0011696_814953.jpg久しぶりに八幸へ。
写真はタイのお刺身なのだが、演出が大げさで本体がなんだかわからなくなってしまいました(笑)。
アルバイト募集中だそうです。詳しくは「今日の大井町」の方に。

これまで「トラックバック」がblogの特色のひとつだと思ってきたので、ずっとフリーでpingを受けておりましたが、あまりに無秩序なアダルトサイトの「攻撃」を受けるので、「リンクなしトラバは受け付けない」に設定変更を余儀なくされてしまいました。
エキサイトブログからは常時OK、他のブログからは記事中にこちらへのリンクが書いてないと受け付けないというものです。時々トラックバックしていただいている飛行機サイトや白色オウム関係のサイトの方々には大変恐縮至極なのですが、どうか事情お察しの上、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by ohimachi | 2006-02-27 23:59 | 大井町・大森・蒲田 | Comments(0)

北野(番外編)

お散歩して、久しぶりに気に入る写真を撮ってもらったので、多分そう長くは晒さず消すと思うけど、ちょっと公開してみよーっと(笑)。
巨匠…、時々本当に巨匠かと思うときもたまにというか稀にあります(笑)。
c0011696_2255738.jpg

by ohimachi | 2006-02-27 22:06 | 大阪・関西・北陸 | Comments(5)

神戸といえば

c0011696_8595510.jpg「明石焼き、明石焼き。たこ焼きでもいい。もうこの際おこのみ焼きでも広島焼きでもいいや」とまで言ったかどうかはともかく、三日間呪文のように粉物を食べたいと唱え続けていたO嬢だったが、とうとう神戸最後の食事も串揚げで締めることになった。お好み焼きやさんがね、すいていればね、行ったかもなんだけどね…。
なんと、生の串が出てきて、それにコロモとコナを自分でつけて、自分のペースで自分で揚げて食べるというあまり東京では見かけないスタイル。
美味しいというだけではなく、このマイペースで食べられるというところがなんとも言えずよろしい。
日曜日でもあるし、お昼からハーフワイン1本だけいただいた。
by ohimachi | 2006-02-26 23:59 | 大阪・関西・北陸 | Comments(0)

北野散策

c0011696_22275852.jpg
c0011696_2228849.jpg
c0011696_22282196.jpg
c0011696_22325338.jpg

by ohimachi | 2006-02-25 23:59 | 大阪・関西・北陸 | Comments(0)
c0011696_7125423.jpg
もしもうまいこと目が覚めたら、フィギュアのフリーを見ようかなと思ってはいた。
目が覚めて時計を見たらまだちょうど3時。
結局24人のスケーター全員演技を見てしまいました。
安藤選手がカクカクとしてイマイチだっただけに、さすがは大人な荒川静香と村主、ふたりとも素晴しかった。

一旦大阪へ出てシゴト。
夕方ふたたび神戸へ戻って、今日東京からスカイマークエアラインのバーゲン割引5000円というチケットを使ってやってきたO嬢と合流して「月世界」というところでLyricoちゃんのライヴ。ナマLyricoはファーストアルバム出した年かなんかの中野サンプラザ以来。
cafe de Lyricoということで、会場は元キャバレーというフシギな空間。

ひと言ある。
届いていたチケットに書かれた整理番号は実は座席指定番号だった。
だったらわざわざ開場を開演30分前まで待たせた上で、整理番号の若い順から5番ずつ入れるというのは全く意味がなかったのでわ。
来た順に45分くらい前から入れていれば、ワンドリンクを貰う行列もあんなことにならなくてすんだ気がするがなぁ。少々待ちくたびれました。

でも、コンサートはよかった~。こういうライヴハウス的な空間で聴けるのってまたひと味違う。
アコースティックギター1本と本人の生ピアノ、それに本人が歌いながら器用にこなす小さないくつかのパーカッションだけで、その分文字通りリリカルなヴォーカルが映えました。
今度は是非、六本木の『スイートベイジル(STB139)』あたりでやってもらいたいなぁ。ちゃんとしたグラスでワイン飲みながらだと、さらに優雅な気持ちで聴けそうです。

そんなわけで朝のフィギュアから夜のコンサートまで女性アーティストを堪能した一日でありました。
by ohimachi | 2006-02-24 23:59 | 本・音楽・映画 | Comments(0)

神戸空港

c0011696_21292173.jpgうーーん。何故にこの空港を作ったのだろう、というくらいイマイチ。
関西地区にこれほど過密に3つの空港が必要か、という議論はなされていますが、実際乗ってみるとどう考えても余分に時間がかかっている。
何しろ、まともに東側からは降りられないらしく、一旦必ずより西へ行ってからのアプローチ。西から来るやつはいいけど、東から来る場合はえらく大まわり。しかもこれが姫路側からの滑走路へのアプローチの場合はともかく、反対から降りなければいけないときも、一度ははるか西まで行ってから急旋回で降りるらしい。
ムダ…。
右写真ははるか瀬戸内海に沿ってのアプローチでようやく明石大橋が見えてきたとこ。

というわけで、仙台からまたまた乗り合いタクシーで空港へ行ったのですが、なんと泉地区から初めて自分以外の乗客。台湾に帰省するという女の人だったが、でかい荷物を持っていて、「こんなすばらしいものがあったなんて、去年4回損した」と言ってました。
年に4回も帰省してること自体うらやましいですが(^^;;

それにしても多分、仙台-神戸便を作るのならば、仙台-関西便を作って、国際線とのアクセスをよくした方がよかったな。

で、神戸空港からはポートライナー快速。
よくよく見ると、快速と普通のタイムラグは1分。
しかも追い抜きとかなくて、乗ってみるとイメージ的に非常に「遅い」。

お泊まりしたメリケンパークのオークラは8000円。ツインルームの広い部屋で、これはネットでみつけた格安プランとしては秀逸。
夜はすぐ近所の「南京街(いわゆる中華街)」まで行って軽く食事をしてきた。
c0011696_21532515.jpg
遠くに霞むポートタワーの横の一番高い建物がホテルオークラ。ああでも写真撮ったときには知らなかったんだけどね(笑)。
by ohimachi | 2006-02-23 23:59 | 飛行機・鉄道 | Comments(2)

飛行機雲

c0011696_8574328.jpg山形は今日も朝から快晴。
山形上空というのは実は飛行機のトラフィックの多いところ(日本一多い、とタクシーの運転手は言ったが、まあちょっとそれは本当かどうかは不明)で、山形空港に着陸する飛行機は一日7便だか8便なのだが、北海道便などが次々通るのでもう朝から空には飛行機雲だらけ。

写真は747の4本の飛行機雲がよくわかるるように無理矢理トリミングしたものですが、後日、空中心の写真も掲載するので是非見ていただきたいです。

蕎麦三百坊で坊板大盛りと野菜天。
ペンション三百坊でコーヒー。ペンションの窓からは遠く月山もはっきりと望めた。
by ohimachi | 2006-02-22 23:59 | 飛行機・鉄道 | Comments(0)

ずれた季節

c0011696_854085.jpg
12月からのドカ雪に悩まされ、前回来た時まではものすごい積雪だったのだが、なんと2月にしてもうほとんど春のような日射し。
山形市内も天童もほとんど根雪はなくなっている。
完全に1ヶ月近く暦がズレたような格好。
地球温暖化の影響なのかな。
by ohimachi | 2006-02-21 23:59 | 山形 | Comments(0)
トリノオリンピックのせいにしてはいけないし、実際見たり見なかったりなんだけれど、22時に寝て2時に目が覚めるという日が続いている。寝ながら考え事をしているというのは生きてる証なんだろうけれど。
そんなわけで少し寝不足のまま羽田へ。
今日からまた一週間東京を離れます。
羽田でN社長と合流。お台場のホテルに泊まったNさんは、羽田へのアクセスの便利さに舌を巻いていました。
到着機の遅れから、少し出発も遅れる模様。
まぐろのカツサンドというのが売り出されていて、JALラウンジでお茶を飲みながら。
結構イケました。
並ぶことのないダイプレのセキュリティチェックにNさん、「ふーーん、よく乗るとこんな優遇してるんだ」と感心しているのか不満なのか(笑)。
ま、羽田空港だけですから…。

機長のアナウンス。
「当機の離陸の順番は16番目です。ほかに途中着陸機も何機かございまして、当機が離陸できるまでには約30分ほどかかる見込みです」
新記録だ。過去一番の渋滞でも13機。
それにしても最近よく待たされる。
それでもまあいつもよりはお客さんが乗っているとはいえ、大阪での満員電車のように立っているわけでもなく、まぁしゃあないわと思った直後にはもう寝てた(笑)。
途中離陸の時などに何回か目が覚めたけれど、しっかり起きた時にはすでに目の前には雪山。
飛んでしまえば山形までは、あっと言う間だ。

夜はA氏に久しぶりに中華「櫻花林」へ連れて行っていただいた。
いつものコースメニューではなく、「わがままチョイス」とかいう好きなモノを好きなだけオーダーするという、一種の取りに行かないバイキングみたいな感じ。
美味しいものをいただきつつ会話も弾むと、少し元気が充電されます。ごちそうさまでした。
c0011696_575070.jpg
c0011696_4491036.jpg
c0011696_4492848.jpg
以下はmixiの日記に書いた、東横インの感想。

山形の東横インにはじめて泊まっています。
東横インの進出はあちこちでめざましく、沖縄那覇なんかでも外から見える朝食ラウンジも賑わっていたなぁというのが印象ですが、これまで独自の予約システムだけで運用されていたようで、大抵JALのHPからホテル予約をしている私には無縁のホテルでした。
ところが、例の一件で埋めきれなくなったのか今日は楽天経由で予約が出来た。一泊5880円で、最近お気に入りの天童のコンフォートより少し高いけれど、近所の西口ワシントンよりは少し安いです。
余談ですけどフロントにある自販機、ペットボトルのお茶(一、はじめ)等の500mlボトルが120円で、普通150円のところ180円(予め冷蔵庫に入っていると400円とかしたりもあるし)で売ったりしているホテルもある中で健闘している(笑)。
ま、偶然かちょうどお釣りの小銭で買えちゃうところもイイ(笑)。
施設としては新しくて綺麗。LANも各部屋完備です。
予約時の指定を忘れて喫煙ROOMでしたが、においも気にならなくてホッて感じ。

さてところで、例の問題。
社長が「反省」してしまいましたから、もうとやかく言うことではないと思うのだけれど、俺は少し意見があるなぁ。
やはり経済性は大事だと思う。
ひと部屋をいくらで貸せるかに通じてくるし、だからといって鉄筋抜いちゃったのは問題だったけど。
確かにバリアフリーというのは大切なことだと思う。
特に駅などの公共交通機関などでは。
でもビジネスホテルはどうなのだろう。
例えば山形レベルの経済都市であっても、それなりの数が林立しているわけじゃない?
その全てに「必ず」身障者用の部屋を用意させるという行政(山形市がどうとかいう意味ではなく)は、必ずしも身障者に優しいということにはならないんじゃないだろうか。
むしろ「優しいフリ」をした手抜きのような気がします。
許認可制である以上、行政からのコントロールは可能なのだから、割合はわからないけれど、利用されるであろう現実的な部屋数を町全体で用意できるようにして、それを一般の部屋よりも身障者の人が「安く快適」に利用できるようにした方がよいのでは。それこそその用意をさせるホテルには補助金を出し、用意をしなくていいホテルには幾ばくかの超過金を取ればいいのだし。
ほとんど稼働できない部屋をみんなで空けておくことは、どうなんだろ。
結果的に利用料に反映してしまうわけだし、「ちょっとスピード違反したようなものだ」という当初の社長のマスコミ対応はいただけなかったし、検査後に勝手に違反をしたことは問題だったろうけれど、それ以前にもっとなんとかならなかったのかなぁと思うわけです。

シティホテルにはシティホテルへの私なりの評価ポイントがあるけれど、ビジネスホテルはあくまでビジネスホテルというカテゴリーで比較すべきものですから、5880円で泊まれるホテルとしては、内装、照明、時計の位置、窓の大きさ、お風呂の広さなども及第点。各部屋にLAN とズボンプレッサーが装備されているところもポイント高いし、ちゃんとセキュリティボックスまであって二泊以上の滞在にも対応している。

もともと自前のネットワークで稼働全体を賄えていたのに、今回の件で、楽天に手数料取られてるのは可哀想な気がするなぁ。
ま、その楽天で予約した俺の言うことではないですけれどね(笑)。
by ohimachi | 2006-02-20 23:59 | ごはん | Comments(4)

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747