みんなでSWING FESTIVALへ

c0011696_3491939.jpg
c0011696_3492810.jpg
c0011696_3493778.jpg
あずさで行くよりも、長野経由新幹線で大宮へ出た方が早い、ということがわかったので、今回は篠ノ井線経由でそうしようという結論から、何故「各駅停車」の旅になってしまったかは甚だ疑問ではある。
広丘を8時半に出て、各駅停車みすずで松本から篠ノ井線に突入。箱根登山鉄道以外でははじめてのスイッチバックが、姥捨(おばすて)駅の先で見られるとのこと。
このあたりは景観もなかなかでした。出発してすぐからの南アルプスも綺麗だったしね。
箱根登山鉄道では、スイッチバックの時に確か運転手さんと車掌さんがホームを走って交替する光景が見られたが、こちらでは両側に運転手さんが乗っていたか、その時だけ臨時に運転する「要員配置」がされているのかはわからなかったが、そのような光景もなく、いたってスムーズにスイッチバックが行われ、特にそのような案内もなく、淡々と進行した。
当初は長野まで行く予定だったが、お腹もすいたので篠ノ井で降りて駅そばを食べて、ここから上田までは並行する昔の在来線、第三セクターで行くことに。
新幹線の乗り換え待ちで、少々上田駅前を散策。お馬の燻製には少々惹かれたが、この後外で何時間撮影するかわからないため断念。
新幹線はいたって何事もなく大宮まで。
久々にお「鉄」っぽいことをしてみたが、多分あずさで新宿経由よりもたっぷりと時間はかかっただろう(笑)。
ちなみに駅蕎麦は、塩尻駅の方が蕎麦も天ぷら(かき揚げ)も美味しかった。

北浦和では、西口商店街にてフリーマーケットとフェスティバルの両方が同時進行。
何故か「ぱぴるす」を掲示してくれている「お店」があったので、パチリと一枚記念に撮らせていただいたところで、まずは腹拵えに「中華楼」へ。
さすがにイベント当日だけあって混んでいたし、そもそもそのイベントに出るミュージシャンたちが入れ替わり立ち替わりで来ては、生ビールやら紹興酒をぐびぐびと飲んでつまんでいる。
ひとくち餃子(辛め)、ウンパイロー、皮蛋豆腐、肉野菜炒めといただきつつ、うーーん、生ビールもいただきました、はい(笑)。
まあ取材だけど、外は暑いしすぐ抜けるだろう。
言い訳しつつだが、なに、合流してみたらK社長も酒屋の生ビールの紙コップ片手であった(笑)。
元々は店内でやっている「本格的」な方にも行こうかと思っていたのだけど、結局商店街だけでも充分楽しませてもらったので、いや楽しんでる場合じゃないのだが、まあ次の「報告用」と来年の宣伝用としてはそこそこ撮れたのでよしということにした。

そうそう、中華楼でも「ラー油」を発売していた。
試食品を以前いただいたことがあるけれど、まずまずイケるので、出来れば早く瓶で売っていただきたいです、はい。
c0011696_493411.jpg
c0011696_49431.jpg
c0011696_495223.jpg
c0011696_410087.jpg
c0011696_4101064.jpg
c0011696_4101878.jpg
c0011696_4102666.jpg

Commented by 宮路 at 2010-06-15 17:27 x
ローカル線の写真って、上手な人が撮影すると、ほんと旅情というか郷愁を感じさせますね。
帰郷したくなった。
Commented by ohimachi at 2010-06-17 06:24
俺も一度四国に行ってみたいなあ。なんか仕事ない?!(笑)
by ohimachi | 2010-06-06 23:59 | 北浦和 | Comments(2)

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31