咲いたまつり2009

c0011696_2125118.jpg
さいたま新都心に行くために何故か上野から新幹線。しかも「二階建てに乗りたい」という希望が出たために、上野の乗り換えに三十分を要した。
時間がかかりすぎてお腹がすいてしまい、まずは北浦和まで戻って「中華楼」でランチ。
一度ここの点心なんぞも食べてみたいと思っていたので、それはそれでよかったのだが、商店街の顔見知りから「誘拐か」と言われてしまった(笑)。
お祭りでは、駅の改札そばでやっていた若い子たちの太鼓はそれなりにお見事でした。息も合っていました。
本会場では、さいたま小町選出のパフォーマンスとアンディ先生という魔術師の子供たち向けのステージ。
小町さんたちのアピールには少々見ている方が照れてしまう気もしたが、魔術師さんは大人が見ていてもなかなか素晴らしかったかも。

さて、帰りに「ないかもしれないよ」と言っていたけど無事やっていた「わたあめ」購入。
はい、いままでで稀に見るひどいわたあめでした(笑)。
多分、機械だけレンタルして慣れない人たちがやってたんでしょうね。
Mはあれを称して「ふわふわあめ」と呼ぶのだが、実態は「べたべたあめ」でした、はい。
まあ普通のお祭りでは500円のところが400円ではあったけれど、それでもあれはひどかろう(笑)。
来年、上達していることを祈ります。
c0011696_21451540.jpg

by ohimachi | 2009-10-11 23:59 | 北浦和 | Comments(0)

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30