大宮経由

c0011696_6553741.jpg
亡くなられたYのお父さんは、学校の先生でしかも鉄だったためか、どこかに行こうともなれば鉄道乗車計画を中心にきっちりと予定をたててから行動する方のようだった。一度、那須だったかどっかにYと出かけてみようかという話になったときに、以前行ったことがあるというお父さんに目的地までの行き方をYが尋ねたら、何時何分に何駅を乗ってという乗車計画が手紙になってやってきたことさえある。しかも出発地点はYの実家の駅になっていた(泣)。
結局はみんなで行くことは叶わなかったのだが、そんなこともあって娘であるYもどこかに行くとなると綿密な計画があることが当然と思っているようで、自分のように「まあ行けばなんとかなるし、それが旅の醍醐味」なんて思っているのは「アテにならない」と一刀両断されるし、動き始めて自分が立ててきた計画が何かの都合で崩れると、結構機嫌が悪くなる(泣)。
月曜日の朝は「日進」という駅まで行かなくてはならないというのを土曜日に聞いて、めずらしく(と言っても俺ももともとは鉄だし、それも時刻表マニアだった時代もあるわけだから、計画を立てることが嫌いなわけではないのだが)行き方を調べた上に、「ああ、どうせなら少し早く出られれば、俺も朝から北浦和だし、大宮経由で一緒に行ってあげるよ」ということになって、いつもより一時間以上早く家を出て、Mとクロックムッシュを食べたうえで、総武線→埼京線と乗り継いで大宮まで一緒に行った。
計画があって、それも相手が計画を立ててくれて、電車がその時刻通りにちゃんとやってきて、「はいこれは宇都宮行きだから乗るのは次ね」などとやってあげると、Yはすこぶるご機嫌のようだった(泣)。

そんなわけで、大宮から北浦和へ入ったが、懸念した大宮北浦和間も全然ガラガラだったし、もちろん総武線も埼京線も座って行けた。人生で二度と通勤ラッシュの列車には乗れないかもしれないなあ。大井町から品川駅の間のラッシュは本当に凄かった…。少なくとも飛行機にはすし詰めのような「満員飛行機」というのはないからな。せいぜい空席なしで乗れないだけで。

午前中は奥の部屋にほぼ籠もらせてもらって、単ページものの「ぞうさんのおうち」を完成。定型だからね、やりゃあ早いんだが。事務所に居ると多分ついほかのことをやっただろうから、北浦和のことをしなくちゃと思えるだけでも行った甲斐はあったか。
ランチはMNさんと「つぱめ軒」へ。
ここは本格的でほんとに美味いとんこつラーメンです、はい。
by ohimachi | 2009-10-05 23:59 | 北浦和 | Comments(0)

でも美しいものが美味しいとは限らないどころか棘々だったりね


by 飛行鬼747
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30